デーヤック友の会 設立10周年記念講演会第5回は、音楽療法士として、また声楽家としてドイツと日本でご活躍中の鎌田菜美先生に「心理療法としての音楽療法」についてお話しを伺います。集団で歌うレクリエーション型ではなく、即興演奏と臨床心理学を組み合わせた非薬物療法として、精神科、心療内科、高齢期医療を始め、幅広い分野で心理的ケアを行う音楽療法です。ドイツ語圏では健康保険適用のスタンダードな方法として、医療施設で実践されています。

講師プロフィール:
2003年よりミュンヘン郊外の精神科病院にて常勤音楽療法士として勤務。精神科及び心療内科をはじめ、高齢期病棟、依存症病棟、児童思春期精神科、司法精神科、脳神経かで個人及びグループ療法を実践。2021年よりドイツ音楽療法センター(東京)共同代表。日本における臨床音楽療法士の育成にも携わっている。
音楽療法に従事する傍ら、ウクレレデュオcoconamiヴォーカルとして、これまで5枚のアルバムを発表。演奏活動の他、映画音楽や舞台音楽でも高い評価を得る。2019年、バイエルン文化賞受賞。また、2016年公開の映画「Grüße aus Fukushima」(Doris Dörrie監督)では俳優として出演。

  • 日付:
  • カテゴリ:
  • 会場:

    オンラインビデオ会議システム、zoomを利用して行います。

お申込み・お問い合わせ

この行事についてのお申込み・お問い合わせは、お問い合わせフォームからどうぞ。
お問い合わせフォーム