DeJaK-友の会 概要

設立趣旨

ドイツでは高齢者の支援と介護は、個人のニーズに応じた形でなされるべきものとされています。それは、文化や言語的背景を配慮することをも意味します。

日本語を話す私たちはドイツにおいて非常に小さな少数グループにすぎませんが、文化においても言語においても明確な特殊性を持つグループです。このため、日本人という少数グループに対応し、かつドイツの介護やその他の支援制度を補うべく、文化を配慮した介護・DeJaK(デーヤック)友の会は2012年に設立されました。

ドイツの制度についての情報を収集して日本語で発信し、できるだけ多くの方々と情報を共有できるよう、各地友の会といった既存のネットワークと協力する一方、周辺にコミュニティのない方への情報提供と支援を大きな課題としています。

DeJaK-友の会パンフレット

沿革

2012年2月 登録法人e.V.としてボーフム区裁判所に登録
2014年9月 日本国大使館による委託調査『ドイツで送る老後』提出、同年6月冊子として発行
 同年 10月 認知症サポーターキャラバンのメイト(講師)養成講習実施、53名のメイト(講師)養成、
全国キャラバン・メイト連絡協議会よりドイツにおけるサポーター講習事務局として公認される
2015年9月 連邦家族高齢者女性青年省の助成を受け、ドイツ全国の邦人に向け、認知症サポーター講座を展開(~2017年8月、延べ講座参加者300名、講演会30回)
2016年3月 介護法制度の改正に伴い、日本国大使館による委託調査『改訂版・ドイツで送る老後』提出
2017年4月 ベルリン・介護支援ボランティアセンター Kompetenzzentrum Pflegeunterstützung と提携合意。3名の日本人ボランティアが講習(32時間)を経て、センターに登録
 同年 9月 NRW州による移民対象MSO助成開始、
NRW州により、介護保険法45条の定める日常支援サービス提供団体の認可を受ける
 同年 11月 KDA-ドイツ高齢者支援委員会-による財団助成を受け、ドイツ初の日本語によるボランティア講習(40時間)実施、25名修了
2018年4月 『改訂版・ドイツで送る老後』発行
 同年 10月 交流促進の目的で、竹の会(デュッセルドルフ)、ライン=マイン友の会(フランクフルト)、「むすびの会」(フランクフルト)、ライン=ネッカー友の会(ハイデルベルク)、「まほろばの会」(シュトゥットガルト)、ミュンヘン友の会とメーリングリスト『高齢者回覧板』開設。
2018年10月 フランクフルト市カリタスとの提携により、介護保険認定・日本人ボランティアの講習実施(~2019年3月)
2019年6月 第2回ドイツ・キャラバンメイト養成講座開催(ハイデルベルク)
欧州日本ネットワーク・第9回ENJA大会にて、認知症サポーターキッズ講習紹介(ハイデルベルク)

組織

デーヤックはドイツ全国で活動する公益法人です。会の所在地はボーフム(NRW州)ですが、定期的な活動は現在、北からベルリン州、ニーダーザクセン州(ブラウンシュヴァイク)、ノルトライン=ヴェストファーレン州(デュッセルドルフ)、ヘッセン州(フランクフルト)、バーデン=ヴュルテンベルク州(カールスルーエ)、バイエルン州(ミュンヘン)の6つの州で行われています。

講演会は上記の州や都市以外でも要請があれば、開催することは可能です。役員をはじめ、地区を担当する会員もすべてボランティアによる運営です。会員数(2019年6月)は正規会員が189名、賛助会員が21名です。

ネットワーク

デーヤックは同じ目的を掲げ、在独日本人の老後を課題とする以下の団体と協力しています。

また、在独医療従事者のネットワークであるJAMSNETドイツには、医療面から会の活動をサポートしていただいています。

ボランティアの養成・派遣のために、以下の団体と協力関係を締結しています。

デーヤックは以下のグループ・組織の会員です。

役員紹介(2019年度)

名誉会長
渡辺レグナー 嘉子(2018年10月逝去)
会長
シュペネマン 望
副会長
札谷 緑 / 江井 久実子
会計
菊地 弘美
書記
エアヴィック 妙子

DeJaK-友の会へのご入会は以下のページからどうぞ。
入会のご案内

※入会申し込みの際には下記の定款をご一読いただきますようお願い申し上げます。

DeJaK-友の会の活動については以下のページをどうぞご覧ください。
活動紹介のページへ
DeJaK-友の会の各地区の活動内容詳細については、以下のページからどうぞご覧ください。
地区紹介のページへ

定款

DeJaK-友の会 定款