2021年8月16日
新しく新型コロナウィルスに関する最新情報を開設しました。
随時更新しています。どうぞご覧ください。

 

「チームオレンジ・
ドイツ」発足!

~コロナに負けない安心な老後のために~

デーヤック友の会では、外務省による「海外在留邦人・日系人の生活・ビジネス基盤強化事業」の一環として、「チームオレンジ・ドイツ」を立ち上げます。

新型コロナウィルスによるパンデミックは、人と人のつながり、信頼できる情報、小さくても何かがあったときの支えの大切さを教えてくれました。コロナ禍により生活に支障が出ている在独邦人や日系人の方々も少なくはありません。
デーヤック友の会では、まず第一歩として、その中でもとりわけ認知症や言語の問題などから社会的に孤立しがちな高齢者の方々をこの「チームオレンジ・ドイツ」を通して支援していきます。
そして、この枠組みを利用して、邦人高齢者のコロナ感染防止を図ると共に、ドイツに住む邦人高齢者一般に対する総合的支援のネットワークを作り、誰もが安心して暮らせる老後のある社会づくりをめざします。

チームオレンジ」は、日本厚生労働省が2019年から始めた取り組みで、認知症サポーターがチームとなって、認知症当事者や家族に対して早期から生活面の支援を行うものです。日本国外では、「チームオレンジ・ドイツ」が初めてのチームとなります。

日本で育ち、日本語を母語とする私たち

食事の好み、つい口ずさむメロディ、季節の行事、雨に濡れたアジサイや桜の思い出・・・

年を重ねると、自分が青年期までを過ごした文化が、自分の中に深く根ざしていることに気づくことがあります。
そして、多くを説明しなくてもそれらを理解してくれる人との交流が思いのほか、大切に感じられることもあるかもしれません。

デーヤックでは、日本文化を背景に持ち、日本語を話す私たちが、老後もドイツでできるだけ自分らしく、そして安心して過ごすために必要な情報を各地で発信しています。そして、ドイツにいながら日本語での高齢者支援を実現すべく活動しています。

今からできることは、年齢に関係なく、誰にでもあります。

  • ドイツ語が堪能な方、まだ不安のある方、
  • ドイツ生活に慣れていらっしゃる方、まだ日の浅い方、
  • 日本人が多い街にお住まいの方、日本人が身近にはいない方、
  • 日本語で手助けを必要とされている方、日本語で誰かのために何かをしたいと思っている方、
  • 得た情報を一人で考えたい方、誰かと意見交換したい方・・・

どんな方でも、不安な気持ちも共有しながら、一緒に考えませんか。

ドイツで安心して高齢期を迎えるために。

デーヤックは、あなたを待っています。

活動カレンダー

11月 2021
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30     
« 10月  12月 »

近日開催予定の活動

DeJaK発行冊子のご案内

改訂版ドイツで送る老後

改訂版:ドイツで送る老後

公益法人DeJaK-友の会 / 著
A4サイズ・全112ページ

詳細・ご購入はこちらから

【内容(抜粋)】 介護保険と介護/在宅で過ごすための支援、介護する人が受けられるサポート/高齢時の住まい/万が一の場合も自分らしく過ごすためのドイツの制度/死亡後の手続き 等々 ■巻末付録には介護度認定査定申請書の書面例(ドイツ語、日本語対訳付き)やドイツ法務省版事前後見指示書式(ドイツ語・日本語が意訳付き)など、実用可能な書面例を多数収録