【期間限定ボランティアサービスのお知らせ】

新型コロナウィルスの急激な感染拡大に対処すべく、全国的に社会生活上の接触制限措置が取られています。当会でも3月/4月に予定していたすべての講演会や高齢者の訪問ボランティアを中止とさせていただいてます。この期間中、一人暮らしでお困りの方等を対象に、電話による話し相手、散歩同伴、買い物のお手伝いといったボランティアサービスを提供しています。お住まいの地域のサービスについての詳細はこちらから。(2020/4/4更新)

【ドイツにおける新型コロナウィルス対策】

在ドイツ日本国大使館では日々、ドイツ政府による防疫対策など最新情報を公表しています。大使館へのリンクはこちらから。(2020/4/4更新)

【JAMSNET発信情報】

国境を跨いで活躍する医療・保健・福祉等の専門家のネットワークであるジャムズネットでは、新型コロナウィルス関連の有用な情報をまとめて発信しています。ドイツの状況に関する情報やNRW州の事情はJAMSNETドイツのHPをご覧ください。JAMSNET東京にはこちらからどうぞ。「新型コロナウイルス感染症・高齢者として気をつけたいポイント」(日本老年医学会)など頻繁に更新されています。(2020/4/5更新)

 

日本で育ち、日本語を母語とする私たち

食事の好み、つい口ずさむメロディ、季節の行事、雨に濡れたアジサイや桜の思い出・・・

年を重ねると、自分が青年期までを過ごした文化が、自分の中に深く根ざしていることに気づくことがあります。
そして、多くを説明しなくてもそれらを理解してくれる人との交流が思いのほか、大切に感じられることもあるかもしれません。

今、これを読んでいらっしゃるあなたは、どんな方でしょうか。

もうドイツに長く住み、自分でも誇らしく思えるほど、ドイツの社会で友達に囲まれ充足した生活を送られているかもしれません。ときおり帰郷したり、電話やメディアを通して日本とつながったりしていて、周囲に日本人の知り合いがいなくても特に寂しく思っていらっしゃらないかもしれません。ドイツでの暮らしを楽しみ、こちらの方が住みやすいと思っている方もいらっしゃるでしょう。

それでも、このまま年を重ねていったときのことを考えると、漠然とした不安にかられることはありませんか。

デーヤックでは、日本文化を背景に持ち、日本語を話す私たちが、老後もドイツでできるだけ自分らしく、そして安心して過ごすために必要な情報を各地で発信しています。そして、ドイツにいながら日本語での高齢者支援を実現すべく活動しています。

今からできることは、年齢に関係なく、誰にでもあります。

  • ドイツ語が堪能な方、まだ不安のある方、
  • ドイツ生活に慣れていらっしゃる方、まだ日の浅い方、
  • 日本人が多い街にお住まいの方、日本人が身近にはいない方、
  • 日本語で手助けを必要とされている方、日本語で誰かのために何かをしたいと思っている方、
  • 得た情報を一人で考えたい方、誰かと意見交換したい方・・・

どんな方でも、不安な気持ちも共有しながら、一緒に考えませんか。

ドイツで安心して高齢期を迎えるために。

デーヤックは、あなたを待っています。

 

DeJaK発行冊子のご案内

改訂版ドイツで送る老後

改訂版:ドイツで送る老後

公益法人DeJaK-友の会 / 著
A4サイズ・全112ページ

詳細・ご購入はこちらから

【内容(抜粋)】
介護保険と介護/在宅で過ごすための支援、介護する人が受けられるサポート/高齢時の住まい/万が一の場合も自分らしく過ごすためのドイツの制度/死亡後の手続き 等々

■巻末付録には介護度認定査定申請書の書面例(ドイツ語、日本語対訳付き)やドイツ法務省版事前後見指示書式(ドイツ語・日本語が意訳付き)など、実用可能な書面例を多数収録

活動カレンダー

4月 2020
   1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30    
« 3月   5月 »