講演会・勉強会

デーヤックでは主に日本語を話す専門家をお招きし、ドイツで送る老後のために重要な制度や法律、あるいは健康といったテーマで各地で講演会を開催しています。
また、勉強会という形で参加者が意見交換をしながら、エンディングファイルや事前医療指示書の作成をする集いも企画しています。

これまでには、ベルリン、ブラウンシュヴァイク、デュッセルドルフ、フランクフルト、ハイデルベルク、カールスルーエやミュンヘンで、以下のようなテーマで講演会を開催してきました。

  • 冊子「ドイツで送る老後」説明会
  • 事前医療指示書
  • EU相続準拠法
  • 禅にみる生・病・老・死
  • 介護予防のための口腔衛生
  • 認知症予防のための睡眠法
  • ドイツの葬儀
  • 血圧について
  • 脳卒中について
  • 終の棲家
  • 骨粗鬆症について

会員専用ページからは、過去の講演の資料がダウンロードできます。
お住まいの地域で講演会をご希望の方は、こちらよりお問い合わせください。

認知症サポーター養成講座

「認知症サポーター養成講座」は「認知症を知り地域をつくる」キャンペーンの一環で、日本全国地方自治体連合と厚生労働省の指導の下、2005年に日本でスタートしました。

全国キャラバン・メイト連絡協議会認定のキャラバン・メイト(講師)が、認知症について分りやすく講義する講座です。デーヤックは 2014年秋と2019年6月の2回、メイト養成講習を開き、全ドイツに80名以上のキャラバンメイト(講師役)を養成しました。以来、このキャラバンメイトがドイツ全国でサポーター養成講座を展開しています。

ドイツ在住の日本人が、高齢になっても孤立せずに、お互いを支え合うために、認知症に対する正しい知識を身につけませんか。家族、友人が認知症になった場合や、居住地域で認知症の方に接する際の重要なヒントが得られます。

講座の内容

  • 認知症とはどういうものか、早期治療が大事なわけ
  • 認知症の症状、診断・治療、認知症の予防についての考え方
  • 認知症の人と接する時の心がまえ
  • 認知症介護をしている人の気持ちを理解する

講座の所要時間は約1時間半で、参加者4名が集まれば、資格をもったメイト(講師)が講座を開くことができます(メイトが近くに住んでいない都市の場合、交通費発生の関係で、最低参加人数が多くなる場合がありますので、ご了承ください)。日本語補習校や日本人学校の生徒さんを対象とする教材もあります。ご希望の方は、こちらよりお問い合わせください。

ボランティア

一人暮らしで日本語が恋しい、一緒にお料理を作って欲しい、一人での外出が不安なので同行して欲しいなどといった思いはありませんか。加齢と共に体力やドイツ語に自信がなくなる一方、日本食や日本語が懐かしくなるのは多くの方にみられる傾向です。

デーヤックでは、日常支援ボランティアの講習(30~40時間)を受講したボランティアを、介護保険の「日常支援ボランティア」としてNRW州とフランクフルト市(協力:カリタス)で派遣しています。介護度1から利用でき、費用は介護保険から支給されます。

ベルリン(協力:Kontaktstelle PflegeEngagement)とミュンヘンでは、要介護認定がなくても訪問ボランティアを利用できます。
ご希望の方は、お電話(0157 7117 3055)またはこちらよりお問い合わせください。

各種相談

デーヤックではメールやお電話にて、ドイツに住む日本人が抱えるさまざまな相談に応じています。ドイツの既存の制度の中で、どのようなサービス、支援や扶助を受けることができるかご質問にお答えし、必要に応じて、お近くの専門機関への紹介をさせていただいています。

相談内容は例えば:

  • 介護保険一般
  • 生活扶助
  • 法定後見と代理委任
  • 事前医療指示書の書式
  • その他高齢者のためのサービス

ご希望の方は、お電話(0157 7117 3055)またはこちらよりお問い合わせください。

出版物

冊子「ドイツで送る老後」

section>改訂版ドイツで送る老後デーヤックは2014年と2016年に二度にわたり、日本国大使館からの委託を受け、ドイツの介護保険制度についての情報をまとめ、提出しました。できるだけ多くのドイツ在住の方々にこの情報が伝わるようにと結果をまとめたのが、冊子「ドイツで送る老後」です。

「介護保険と介護」、「高齢時の住まい」、「老後に備えて」の3つの章からなり、巻末にはドイツ連邦法務省版・事前医療指示書や任意代理委任書式の日本語への試訳も掲載されています。
同冊子の説明会(講演会)は各地で提供しています。制度や法律など込み入った内容を分かりやすく、背景や実例をまじえてご説明します。15名以上の参加者が見込まれる場合、どこへでもお伺いします。
冊子の購入、あるいは講演会をご希望の方は、こちらよりお問い合わせください。

これまでの講演会参加者の感想

日本語での講義であることに加え、構成も大変わかりやすいものでした。

老後に関しては貴重な情報をたくさんいただけたので、自分でも今後いろいろ調べることができます。

「まだ先の話かもしれないけれど、知識はあった方が良いから」ぐらいの気持ちで来ましたが、今からしておいた方がよい事など聞いて、正直少し怖くなってしまいました。

今からどう準備したらいいのか少しわかりました。

事前医療指示書と任意代理委任の手続きを進めておりますが、書面も弁護士さんの説明もドイツ語であるため 今日の説明は全体像を掴む事にとても役立ちました。

エンディングファイル

万一の時に備えて、自分の情報をまとめておくための『エンディングノート』。日本では、2011年の東日本大震災後に人々の関心を呼び起こしました。ドイツに住む私たちにとっても、ドイツの法律や制度を踏まえたノートを準備しておくことが、もしもの場合、家族や友人に自分の大切な情報を伝える上で必要になるでしょう。高齢、病気、事故、災害・・・人はいつ「最期」に直面するかは分かりません。その「いつか」は分からなくても、誰もが最期まで自分らしくありたいと願っているのではないでしょうか。それは、住んでいる場所に関わることではありません。でも、海外にいると、思わぬところで言葉の壁が立ちはだかることがあります。公益法人・文化を配慮した介護 DeJaK-友の会は、ドイツ在住の邦人の方々のドイツでの老後に際し、自分のあり方を自分で決められるように、そして邦人家族を持つ方々に言葉の壁を越えて本人の意思を尊重してもらえるように支援しています。
皆さんにお届けするこの「エンディングファイル」は、DeJaK-友の会・カールスルーエのグループの会員有志の皆さんがドイツの各種の『Vorsorgeplaner』を検討し、実際に記入して気づいた点を考慮して出来上がったものです。電子版(PDF)になっており、少しずつ自分の情報を記入して自分だけの「ファイル」を作り上げていくようになっています。もちろん、途中でプリントアウトしてみることもできます。一度にすべてを完成させる必要はありません。気の向くままに順々に記入していきましょう。
エンディングファイルは会員の方には、電子版(PDF)を無料で提供しています。印刷した冊子をご希望の方は、実費4ユーロでお送りします。
非会員の方は寄付として4ユーロのお支払いがあれば、電子版をお送りします。冊子としてご希望の方は、6ユーロのお支払いをお願いします。
ご注文はこちらで承ります。送付は、入金後となりますのでご了承ください。


DeJaK-友の会は現在ベルリン州、ニーダーザクセン州、ノルトライン=ヴェストファーレン州、バーデン=ヴュルテンベルク州、バイエルン州の5つで活動しています。各地区の活動内容詳細については、以下のページからどうぞご覧ください。
地区紹介のページへ